右脳の空手ブログ

真義館 東京道場での稽古を通して、私自身が感じたことを書いています。

心がすべて?

少しもとに戻りましょう。 相手が攻撃を仕掛けてきたとき、攻撃を防ぐ動きをするのが自然でしょう。また、恐怖を感じたりするでしょう。このような心身の状態では、相手の攻撃を無力化してさらに崩すことは全く不可能だと思います。 攻撃に対抗する心身の動きは相手の攻撃力を強める働きしかありませ

Read More

調和のために優しく触れる

ダンスでは相手の触れ方は非常に大切です。リードは男性がしますが、女性の手や背中への触れ方が上手であるなら、女性は身を任せて身体が自動的に優雅に動きます。次のステップなどは気にしないまま曲に酔いしれてダンスの世界に気持ちよく溶け込んでいきます。 上手なリードでは、手のひらに軽く触れ

Read More

心、受け入れる

他流派で14年の経歴を持つ男性が昨年末に入門した。身体を鍛えることを大事にする流派で、型でも力を籠める習慣はなかなか抜けずに苦労していた。 長い経歴で習得したきちんとした突きで攻撃しても、触れられて崩されてしまう度に首をかしげていた。 もう一人彼の後に入門した男性がいる。ウインド

Read More

心、相手を守る

本部で事務的なことを一手に引き受ける古田優子四段はあまり大きな体ではありませんが、130キロの木戸尚登弐段を崩すことができます。 身体の大きさだけでなく、相撲、柔道や格闘技空手で鍛えられ、さらに武術空手で内面も鍛えられた木戸弐段は言ってみれば強固な壁のようです。 この木戸弐段の強

Read More

タックルしてくる相手を崩す。心の使い方は?

相手がこちらの腰にタックルをしてくる。ぶつかってくる相手を崩せるかどうか。正しくできれば、相手の肩に軽く触れただけで相手はコロンと崩れます。 タックルを受けることは「入り込み」の練習に最適かもしれません。 相手が頭を下げて、肩からこちらのお腹にぶつかってきます。タックルによる衝突

Read More

格闘技と武術の違いは「衝突」と「入り込み」

攻撃を跳ね返すように防ぐと衝突を生みます。最初の攻撃を防げたとしても次の攻撃が続きます。衝突の連鎖です。 武術は最初の防御が同時に攻撃となっていて、相手は次の攻撃を行うことができません。相手の最初の攻撃を無力化するのが武術です。 宮本武蔵が言っています。「攻撃する動き(ウゴキ)の

Read More

相手の攻撃を消す仕掛け「入り込み」

考えていること、意思をお互いに感じ合うように人は出来ています。また、それを感じると身体がそれに対して無意識に反応します。 自分の身を守る習性のために特に攻撃する意図には敏感に反応します。全身が緊張します。身体を防御するため緊張するのです。 相手の敵意に対して身体が本能的に反応する

Read More

生きるために衝突する、衝突しない武術

相手が攻撃してきた時、自然にその攻撃を防ぎます。よけたり、払ったりします。これは人類が太古から生存をかけて身を守ってきた本能です。反射的に反応します。考えるよりはるかに早く反応します。 よけられた相手は、また反射的に殴りかかります。拳同士、拳と身体の衝突の応酬行われます。 時代劇

Read More

重い身体で相手を制する 

攻撃してくる相手を触れて崩せる要件の一つとして、「重い身体」になっていることがあります。合気道の藤平光一師をはじめ多くの師は身体を数人の人に持ち上げられて、持ち上げられた状態で身体を重くして支えている人を一斉に潰すことをされています。もちろん質量保存則は成立するので、体重は変化し

Read More

骨盤は本当に下半身でないの?確認

前のブログで正しい立ち方のイメージについて述べました。稽古をしているとき、上半身と下半身の境界が股関節であることを伝えました。一人の道場生が首を傾げていました。彼は舞台俳優に体の使い方を教えるインストラクターであったとのことです。腕に関しては鎖骨と肩甲骨も含めて腕であると俳優に教

Read More

大坪 英臣

真義館 (Shingikan) 本部直轄東京道場責任者。
参段。『右脳の空手』著者。
東京大学名誉教授。

左脳ばかり駆使してきた人間が、あるきっかけで麻山慎吾師の率いる真義館空手(武術空手)の道にはまり込んだ。
「人生の目的はここにあったのか」と思うほど、筋力を使わない右脳空手の静謐な世界を堪能している。

大坪英臣 著『右脳の空手』好評発売中!!

右脳の空手
「人生の目的はこれだったのか! 学究生活40数年、定年後の私は迷っていた。 熱中できるものが欲しかった。 無謀にもフルコン空手を始めた。 3年後、武術空手に出合った。 麻山慎吾館長は神様だった。 筋力を使わない武術空手だった。超人状態も経験させてもらった。右脳の活性化で相手を倒すのである。 武術の本源は『愛』と知った。 左脳ガチガチの工学博士が飛び込んだ右脳の世界。 ここは、なんという豊穣な世界だろう!」−『右脳の空手』(風雲社)より抜粋