右脳の空手ブログ

真義館 東京道場での稽古を通して、私自身が感じたことを書いています。

武術空手への道(2)型による道 a

ここでは、型による武術空手習得について述べていきます。 古伝の型は不思議な力があります。正しい型ができればそれだけで相手を崩す力があります。 稽古を始めて、基本稽古やサンチンなどの型を教えられます。 型の動きの順番などの外形を覚え、さらにサンチンによって呼吸を覚えていきます。 動

Read More

武術空手への道(1)二つの方法

相手を入り込みで崩す武術空手を習得するためには大きく分けて二つの方法があります。 一つは型を正確にできる身体を作ることです。他の一つは相手との調和をもたらす心の使い方を習得することです。 レベルが上がれば両方の方法は一体化して強力な入込みができるようになります。 最初のうちは型に

Read More

昇段審査、「入り込み」審査(3)

「入り込み」の審査で印象に強く残ったことを書きたいと思います。 日本有数の大会社の副社長をしている人の弐段昇段審査です。 新型コロナのためになかなか道場に来ることができなくなっていますが、彼は特に大きなプロジェクトを抱えて最近仕事が大変忙しく、道場にも来ることが出来ずにいました。

Read More

昇段審査、「入り込み」審査(2)

今回弐段昇段審査を受けた4人は男性2名、女性2名です。 真義館総本部直轄東京道場が8年前創設された以前から参加されている一期生ともいうべき面々です。一人の40代の男性を除き、おおむね70代に近い方々です。 最高齢は78歳です。 一期生と言える人にはこの4人以外に数名の初段になって

Read More

昇段審査、「入り込み」審査(1)

2021年1月24日に昇級・昇段審査が行われました。昇級審査が5名、昇段審査が5名に対して行われました。昇段審査のうち、二段昇段審査が4名、初段審査が1名に対して行われました。 今回の審査は新型コロナのために動画とオンラインによる審査となりました。最終決定は1月24日ですが、それ

Read More

呼吸(1)

武術においては呼吸が重要であると言います。しかし、その本質について触れられることは少ないと思います。 私たちは生存するために呼吸することは不可欠です。言うまでもなく、肺で空気を吸い、吐くというほぼ無意識に行う生理的な動きで生き続けることができます。 武術と言っても生きてる営みの一

Read More

禅と武術(3)不立文字

禅では「不立文字」と言って言葉や文字によって悟りの道は伝えられないと言います。文字や理屈を超えたところに本質はあるということだと思います。それでも言葉や文字を伝達の手段として使わざるを得ません。 禅宗(臨済宗)の公案は文字ですが、公案は理屈に合わないことに対する答えを問い詰められ

Read More

出来た!型をするように!(3)

先日体験見学に来た人がいました。 40代。極真会館で1990年から2000年にかけて数多くの優勝を果たした選手の道場で稽古を積んだ黒帯です。 鍛錬されたしっかりした身体の持ち主です。 「右脳の空手」を書店で見つけて、読んで興味を持ったとのことでしたが、内心「ほんとかな?」と思って

Read More

いろいろありますが、意識の固定

武術空手の大原則は「入り込み」であると述べました。 また、相手を無力化して崩す方法をいろいろな方向から触れてきました(これからも続けますが)。 分解組手などでそれまでと異なる取り組みを紹介するとき、理詰めの道場生には多少混乱を招くようです。学校で、一つの問題には一つの解答があると

Read More

出来た!型をするように!(2)

館長はよく言います。「一人で型をやるつもりで」と。 これは分解組手などで相手の攻撃に対した時に、一人で型をやるように動けという意味です。 一人で型をやれば姿勢が崩れないし、力みも入りません。そもそも相手を崩す意思はないし、相手の存在は意識しません。理論的には理解できます。 現実に

Read More

大坪 英臣

真義館 (Shingikan) 本部直轄東京道場責任者。
参段。『右脳の空手』著者。
東京大学名誉教授。

左脳ばかり駆使してきた人間が、あるきっかけで麻山慎吾師の率いる真義館空手(武術空手)の道にはまり込んだ。
「人生の目的はここにあったのか」と思うほど、筋力を使わない右脳空手の静謐な世界を堪能している。

大坪英臣 著『右脳の空手』好評発売中!!

右脳の空手
「人生の目的はこれだったのか! 学究生活40数年、定年後の私は迷っていた。 熱中できるものが欲しかった。 無謀にもフルコン空手を始めた。 3年後、武術空手に出合った。 麻山慎吾館長は神様だった。 筋力を使わない武術空手だった。超人状態も経験させてもらった。右脳の活性化で相手を倒すのである。 武術の本源は『愛』と知った。 左脳ガチガチの工学博士が飛び込んだ右脳の世界。 ここは、なんという豊穣な世界だろう!」−『右脳の空手』(風雲社)より抜粋