English English 日本語 日本語

呼吸(2)そんなに大事なの

長い間、ブログを書いていませんでした。

そんなときもあるということでお許し願います。

「呼吸」について続きを書きたいと思います。

相手が吐く瞬間に隙ができるので、それを突いて攻撃する升田名人の話をしました。なぜ息を吐くときに隙ができるのでしょうか?

健康法やヨガや座禅等において腹式呼吸を「深い呼吸」として説かれます。

浅い呼吸は胸式呼吸です。緊張しているときは胸式呼吸となっています。

胡坐で座っていて、座った相手に横から肩を押してもらいます。それで崩れなければ合格ですが、普通はそれほど大きな力ではなくても簡単に倒れてもらいます。

胸式呼吸をしているせいです。意図的に胸式呼吸をしてみるとさらに弱い身体になることがわかります。

升田名人の話は、胸式呼吸で吐くとき隙ができることに関連をしています。。

吐くときに隙ができないようにするにはどうしたらよいでしょうか?

少なくとも腹式呼吸にしなければならないでしょう。

私は呼吸は大事ということは知識としては知っていましたが、その実態は長い間よく分かっていませんでした。

腹式呼吸は練習はしていましたが、その威力を実感するレベルとは全く程遠いものでした。

ここからは非常に重要なことを述べたいと思います。

もしも、下丹田で呼吸ができれば隙の無いびくともしない身体になります。

さらに、相手に入り込める状態となり、相手を容易に崩すことができます。

実は今まで、「優しさ、受け入れ、愛」と相手と調和する方法を述べてきましたが、それらの方法をすべて凌駕する可能性があるのが下丹田による呼吸であることを館長から示されました。

Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook
Share on email
Email

道場案内

真義館 総本部直轄 東京道場は、武術・活人空手専門の道場です。
詳しくは大坪英臣道場長著『心を使う 右脳の空手』(風雲舎)』

クラス 一般男女
火曜日 19:00 〜 21:00 
木曜日 19:00 〜 21:00 
金曜日 13:00 〜 15:00 
土曜日 19:00 〜 20:30 オンライン稽古

場所 港区赤坂1-4-4 冨士野ビル2階

見学・その他お問い合わせこちらのフォームから