English English 日本語 日本語

第10回東京大会での成績

2022年7月10日中央区総合スポーツセンターで第10回真義館東京空手道選手権大会(東京大会)が開催されました。

新型コロナの影響で3年ぶりの開催となりました。

直轄東京道場からも型の部、【サンチン】、【ナイファンチン】、【パッサイ】の3部門に9名が参加いたしました。

【サンチン】と【ナイファンチン】は色帯のみ、【パッサイ】は黒帯のみがエントリーできます。

直轄道場からの参加者の成績は以下のようになりました。

いずれの部門も直轄東京道場生が優勝いたしました。

入賞者は以下のようになります。

【サンチン】の部

 優勝 源田結香

 準優勝 星川耕一

 三位 百武雷太

 敢闘賞 長谷川夏美

【ナイファンチン】の部

 優勝 星川耕一

 準優勝 百武雷太

【パッサイ】の部

 優勝 月村孝幸

 三位 笹原和子

以上ですが、サンチンの部で優勝したのは白帯(無級)の源田結香で、強豪を制しての優勝は特筆に値します。