稽古重点目標

稽古重点目標

2018年

2月

常に重い体になっていることの確認:サンチン、ナイファンチン

肘の力を抜く:肩や肘から力が抜ける姿勢をとる→片腕を両手首を掴む相手を崩す。両構えの両手首を固定する相手を崩す。組み手構えの相手の腕に触れて後ろに崩す。相手の首に腕をかけて倒す。下げた腕の両手首をつかむ相手を倒す。

約束組手;追い突きを手刀受けから肘当てで崩す。中割れで相手を崩す。

3月

基本稽古と入り込み

肘の抜き、片肘を下から両手で支えてもらい、崩す

座り技 中心を近づけて崩す

腰タックルを崩す

4月

以下の稽古(受けから突き)により入り込みの感覚を得る。

突きに対して腕受け突き(内、外)、前蹴りに対して下段払い突き(内、外)、

諸手突きに対して中割れ突き(内、外)、上段突きに対して虎口(内、外)

5月

4月目標を継続。

身体を中心にまとめる。密着した手。接触点から気を相手の中心に伝達して崩す。呼吸で崩す。

 

18.2.21