【右脳の空手】 大坪英臣 | 真義館総本部直轄東京道場
『右脳の空手』の著者である大坪英臣道場長が受け持つ東京道場です。真義館の心を使う武術・活人空手が学べます。
右脳の空手,大坪英臣,右脳,心を使う,真義館,武術
14833
home,page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-14833,,qode-title-hidden,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-9.1.3,wpb-js-composer js-comp-ver-4.11.2.1,vc_responsive

お知らせ

『右脳の空手』好評発売中!

活人空手を探る!真義館顧問 大坪英臣道場長著

「人生の目的はこれだったのか! 学究生活40数年、定年後の私は迷っていた。 熱中できるものが欲しかった。 無謀にもフルコン空手を始めた。 3年後、武術空手に出合った。 麻山慎吾館長は神様だった。 筋力を使わない武術空手だった。超人状態も経験させてもらった。右脳の活性化で相手を倒すのである。 武術の本源は「愛」と知った。 左脳ガチガチの工学博士が飛び込んだ右脳の世界。 ここは、なんという豊穣な世界だろう!」

単行本: 262ページ

出版社: 風雲舎

価格: 1800円 +税

Amazon.co.jpで購入

真義館について

真義館は麻山慎吾館長によって発足されました。大阪総本部に加え、北海道、東京、千葉、広島、高知、鹿児島に支部があります。フルコンタクトと武術・活人空手のクラスがあります。 – 総本部直轄東京道場は武術・活人空手を教えています。

真義館 麻山慎吾館長

15歳より空手を始める。

1990年、大阪に空手道場を開設。

2011年4月 自己を見つめる調和の空手 「真義館」 を設立。

現在は、真義館 館長として、愛を根源とした調和する人間形成のための活人空手を広めたいと願っている。

指導員

大坪英臣道場長 弐段

東京大学名誉教授。思考力を駆使してきた左脳人間があるきっかけで麻山慎吾師の率いる真義館空手(武術空手)の道にはまり込み、「人生の目的はここにあったのか」と思うほど、筋力を使わない右脳空手の静謐な世界を堪能している。

真義館本部直轄東京道場責任者

『右脳の空手』著者

クラス案内

総本部直轄東京道場は、武術・活人空手専門の道場です。 女性も多く、31歳から83歳と幅広い年齢層の道場生が一緒に稽古をしています。 力を必要としないので、どなたでも学ぶことが出来ます。

詳しくは大坪英臣道場長著『心を使う 右脳の空手』(風雲舎)をご覧ください。

時間

火曜日 19:00 〜 21:00 一般男女

木曜日 19:00 〜 21:00 一般男女

金曜日 13:00 〜 15:00 一般男女

場所

港区赤坂144 冨士野ビル2

*不定期で港区スポーツセンターで行うこともあります。

スケジュールを確認

お問い合わせ

見学・その他お問い合わせはこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

格闘技や武術のご経験はありますか?

 

ないある

題名

メッセージ本文 (必須)

3日以上経っても返信がない場合は、お手数ですが再送をお願い致します。